最近の投稿
最近のコメント

    風俗浦和こそがダイバー

    みずみず新聞の新しく設けた「希望」の欄に時折執筆を依頼されていて、その瑞々しいタッチで人気を呼んで居るが風俗嬢みゆは学生時代チャンピオンだった時のように、いつも目標に向ってコッコッと地に足を付けた行動に余念がない。浦和こそが風俗嬢みゆがいつでも色々な現場に気軽に飛び込んで行くフットワークの軽さが目を引く。机の上には亡き隆哉の写真の脇に、「明日の自分を信じて生きて行く」と書かれてある。充実した毎日。生き生きと動き廻りながらも朝夕、仏壇に向い隆哉の霊に報告する事と、トレーニングや図書館通いも、欠かさない。父母から見て、随分成長したと思いながら、以前にも増して温かく優しく、たくま渥しくなって行く姿が我が子ながら誇らしく思える時がある。またたこうしている内に瞬く間に月日は過ぎ、四季を重ねて行く。いわば風俗 浦和で風俗のプレイこんな風俗嬢みゆが人生の転換をはかる事となったのは、三月十一日の東日本大震災だった。浦和が日本中の人達に「これは地獄だ」と言わしめた東北一帯を襲った大地震、大津波、人的災害と言われる原発事故、いつもは心も生活も豊かにしてくれる大海原の青々とした海水が、真っ黒に化した濁流となって押し寄せ、荒れ狂った。浦和では家族の人生を刻んだ家も車も働き先の工場、会社、学校迄も、目に見えるものは勿論の事、今迄一生懸命生きて来た人達までも呑み込み親子の緋すら、一瞬の問に断ち切り死亡者行方不明者は一万九千人に及ぶと言う。